ご当地雑煮で「まちおこしプロジェクト」!

正月だけじゃない!
地域をあらわす個性的なみやげ物として、ご当地雑煮開発プロジェクトを立ち上げよう!

~あなたの町のご当地雑煮をレトルトパッケージ化しませんか?~

町おこし.pngmatiokoshi_R.jpg

お雑煮って言えば、知らない人はいない日本の代表的な伝統料理。
でも、地域によって「だし」だけでもさまざまな種類があり、
また「具材」にも地場の野菜や伝統野菜が使われることが多く、
さらに、地域の特色やしきたりによって伝統や個性が色濃く残っていて とてもバラエティに溢れてるんです!

それぞれの地域で「当たり前」だと思っている我が家・我が地域のお雑煮が、ヨソの地域の方には「びっくり」「珍しい」お雑煮だったりもするんですよ。

そんな地域色豊かで、無限のバリエーションの可能性が秘めているお雑煮を、
全国各地の観光客や旅人に知ってもらい、
各地の味を、背景にある地域文化を楽しんでもらえるようなレトルトパッケージがあったら楽しくない??

ってことで・・・。

ご当地雑煮 発掘・応援プロジェクト!

全国各地の素敵なご当地雑煮を、地元の方が「みやげ物」として
商品化できるように、レトルトパッケージ商品の開発をお手伝いいたします。
「ご当地カレー」とか「ご当地ラーメン」などと同様に、
「ご当地雑煮」が全国のあちこちで並ぶようになったら、楽しいですよね!

B級グルメ的にも、地域の特性をあらわすにも、実は最適な食の特産品だと思います!


しかも、下の写真のような、おそろいのパッケージで各地の観光名所などがクローズアップしてあったら、
思わず全種類コンプリートしたくなっちゃいませんか?

ついつい、手にしたくなるような、オリジナルご当地パッケージで 地元のお土産として並べてみたくはないですか?

package2.png

このご当地雑煮は、私たちお雑煮やさんが作るのではなく、
地元の人が自ら開発していけるようなプロジェクトにすることによって
地元の野菜やお肉などを使用したり、地元の人ならではのレシピで作ることが重要だと考えています。


何故なら、そうすることによって地元の食文化を再確認しながら「地域の活性化」や「食育」につながっていくと
考えているからです。お雑煮やさんの役割は、「お雑煮マーケット」を作り出することによって、
各地の個性豊かなお雑煮、地域に根付く伝承を、守り育てていくことと思っています。

一緒に商品開発していく過程も楽しんでいきたいと思っています。

お雑煮の面白さに注目をしてもらって、
もっと自分の地元のお雑煮を大切に受け継いでいきたいと思っている方、
何か新しい試みを始めてみたい地域の方!
一緒に「ご当地雑煮」を作ってみませんか?

 

お雑煮やさんの代表は、かつてまちおこしのコーディネータもやっていました。

「ウチの地域ではこんなのがあるんだけど・・・商品化して売れるものになるんかね?」
「伝統的なものじゃないけど、今特産品として盛り上げていきたい果物をつかったものでも良いの?」
等、お気軽にご連絡くださいませ。

まずは、電話やメールでざっくばらんにおしゃべりさせていただきたいです。
全国のお雑煮仲間 大募集中です!

contact.png